墓石関連

お墓の清掃を続けて思うこと

昨年度の清掃オリコミからのお客様の中で、一年を通して定期的お墓の清掃をお願いされるようなりました、おかげさまで回を追うごとに、我々の清掃の技術も上達してきました。

定期的清掃を実際に行うことで分かった、定期的清掃の良さを伝えようと思います。

まずは、お墓に行く必要って年に何回あるのか?、だいたい春のお彼岸、秋のお彼岸、夏のお盆と 冬の年末、そして命日などの法要などがあると、多くて年に4回~5回といわれます、なかなか大変ですね。

一年を通して、直接風雨にさらされ、お墓の隙間に落ち葉が溜まったり、雑草が生えたり、お供えしたお花が枯れて残っていたりと、過酷な状況に置かれているんですね、ですので一回の清掃が重労働になることもあります。

定期清掃のメリット

1 石塔の水垢の汚れなどは、回を追うごとにきれいになっていきます。

石塔の石の清掃は一番気を使います。黒の石塔は、酸性の薬品を使うと色が薄くなるなどのトラブルも報告されています、薄皮をとるように水垢を落としていったほうが石へのダメージも少なく良いようです、そのためには清掃の回数を重ねることも必要になってきますね。

2 他のお墓よりも、確実にきれいな状態を維持していられる。

外柵の石も予想以上に水垢など簡単に落とせない汚れがついているものです、とくに建立からの年数が10年以上たっているものなど、洗車されていない車のように、黒く汚れているものです。年間3回~4回、半日ぐらいの時間をかけた清掃を行っていると、隅々まで清掃が行き届いてきれいなお墓に見えます。

3 一回の清掃作業が軽くなる。

雑草が大きく伸びる時期が、年に2回(梅雨後の7月頃、涼しくなり始めの9月頃)あるので、タイミングを見計らって草取りにいくことで、大きく育つ前に刈ることとなりなす、さらに根に栄養を蓄える前に刈ることができれば雑草の生命力もしだいに弱くなっていきます。

まとめ

暑い時、寒い時に、長い時間をかけてお墓の清掃を行うのは、体にとても負担を強いられます、お墓の扱いに慣れないこともあり、不完全な思いでお墓を後にすることもあると思います。

そこで、汚れ具合の気になった時や、どうしてもお墓に行けない時、年に何度かは、お墓清掃のプロに代行してもらうのも一つの解決法だと思います。

事前に清掃を終えているので、お施主様がお墓に訪れた時には花とお線香をあげるだけで済むので、忙しい時にも安心です、お墓に来た時に、すでに花筒の中や高炉皿が綺麗になっているのはありがたいですね。

お墓の清掃代行も行っています、お気軽にご相談ください。

古いお墓の据え直し工事がありました。

CIMG3795

石塔が陥没しているのが、わかるでしょうか?。

CIMG3797

御影石で、平らに、広々としました。

CIMG3796

大きく育ちすぎた植木はやめて、明るくすっきしたようです。

先月、伊豆の国市奈古谷で、築40年のお墓の据え直し工事がありました。以前に納骨があったのですが、石塔の下のカロートと呼ばれる骨室が、長年の重みで陥没して、お骨を入れるときに開ける蓋の石が、上に被せてある石(甲蓋石)に上から挟まれて開かなくなっていました。その時はかろうじて開くことができましたが、このまま一気に崩壊することはありませんが、蓋石へ、石塔、甲蓋石の重み、すべての力がかかって、蓋の石の角が欠けはじめていて、さらに重みがかかったら開くことも出来なくなるので、その前に直そうということになりました。

お墓も40年の年数がたつと、石塔の傾きも当然ありましたし、目地が切れて、石どうしの隙間が大きく開いていたりと、今回のような総合的な不具合も出てくるようです。建立当時は今の時代よりも、工作機械が発達していなかったことで、カロート石の下の基礎部分のてん圧(付き固め)が不十分だったようですね。お墓全部の解体はせずに、不具合の出ている石塔、カロート室を中心に、一旦取り外して、新たに基礎から打ち直して、再び元の通りに据えなおしました。その他、石塔正面、拝む場所は、御影の敷石に変更。あと、植木をやめて、植木の陰になっていた灯篭を設置しなおして、砂利を敷いてあった部分も雑草がでないように、お施主様がタイル屋さんのため、ご自身でタイルへと張替え工事をしました。

お施主様は、お墓の後継者に不安をかかえているので、今後、完全新規でのお墓の建立をすることでもないというお気持ちのようでした。なので最低限の修理と、小改良に留めることにしましたが、石塔、外柵石の傾も直り、目地も入れなおしたこと、敷石でイメージチェンジできたことで、これでまた20年は耐用年数が伸びたので、安心されたようです。同じようなお墓の不具合でお悩みで気になりましたら、まずご相談ください。

お墓の存在意義を考えた出来事。

22日、晴れの日曜日、伊豆の国市中条のお寺で、平成21年に我が社で建立させていただいたお墓にて、新たに納骨式がありました。お天気にも恵まれおだやかな良い式でした。

そんな親族の親戚一同が集まる式で、こんな話がありました。一族の一人の40代の男性と連絡つかず、ご葬儀にも参加していないとのことでして、実の弟すら何年も連絡が取れない、まさに消息不明の状態に、一同心配で気がかりだとの話でした。

今回お亡くなりになられたご主人様が、その彼のことをとくに気にかけていたようで、行方がわかったなら、なんとか亡くなられたことを伝えておきたいと、亡くなられた旦那様の奥様が言っておられました。

実は、行方不明の「彼と」自分は、地元の同級生だったのです 、そこで行方知れずの彼と、今も親しく付き合いのあるであろう友達に連絡してみたところ、居場所と近況だけは聞き出すことが出来て、元気にしていることを確認、そのことを奥様方に伝えることが出来ました!。(なんてことはない、お墓のある伊豆の国市の隣町、すごく近くに住んでいた!)

この事件?を通して感じたことは、お墓は住宅と違い、一度定置すれば場所が変わることはまずないので、お墓を中心に遠くからも縁者が集まれるので、そのたび一族の絆を確かめられる、一族身内がお互いの様子を確認に集まれる、大切な場所としての役割があるのかもしれませんね。

CIMG3767

納骨の前の掃除で、供えられた花も、美しく映えていました。

あと、親しい身内にぐらい、数か月ごとの近況の連絡 はおこたらないようにしましょう!。

灯篭のすえ直しがありました。

035

みごとな破壊っぷりですね・・。

036

無事に直りました、復活です!。

伊豆の国市四日町にて、ご近所の、お庭の植え込みの中にあった小さな灯篭。

たぶん元気なお子様たちが遊んでいて蹴っ飛ばしたため破損したようです。お施主様からは、「もう処分してもいいです」とも言われましたがたが、国産品なので勿体ないと思い、それにサイズも、また子供が蹴飛ばしても危険ではないので直してみました。

やっぱりどこか気品があって良い感じ!、直してみて灯篭の良さを見直しました。

お墓のコンクリート打ち施工をしました。

026

敷地全体をコンクリート舗装しました。

027

新規で墓石を建てました。

伊豆の国市江間、先に紹介した木を伐ることになった墓地の、土間コンクリート打ちも頼まれていました。

古いお墓の据え直し(傾き直し、目地の直し、クリーニング)と、長年、墓石の無い状態だったものを、新規に墓石を設置することになりました、ついでに広い敷地内の土間もコンクリート舗装することになりました。

もともと墓地の敷地、参道が土のままだったので、雨の後の足元の悪さが、改善されて、さらに泥の跳ね上がりによる土汚れもなくなります。雨天時、雨後の足元が良くなるのはもちろんですし、なにより落ち葉、雑草取りなど、掃除がしやすくなりました。

通常、工事の最初に、全体のクリーニングもおこないます、今回は、土留め、ボーダー石を設置したことで、敷地の境がはっきりして、工事前に比べて広く明るくなって見えます。

土間の舗装は、掃除の手間をぐっと減らしてくれる良い方法で、お勧めですよ!。