張り石全般

駐車場のコンクリート打ちがありました。

新年あけまして、おめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

昨年の最後の関口石材工業としての仕事は、三島市内、新築の個人邸の、駐車場及び花壇の工事の依頼でした。

玄関前に縦方向に一台、右側道路と並行に一台分の駐車スペースです。

玄関前に縦方向に一台、右側道路と並行に一台分の駐車スペースです。

お施主様の悩み、心配として、住宅メーカーのいいなりで外構工事をすると、建物の完成を見ないうちから、図面だけで工事の許可を出さなくてはいけないので、結果、完成イメージを考える時間を与えてもらえず工事が進み、満足した仕上がり結果が得られないことを不満に感じたそうです。ですので、住宅完成、引き渡し後に知り合いである私に工事の依頼をしてくださったのです。

そのことから関口石材工業としてできることを考えると・・、

お施主様は、ゆっくりと工事の様子を見ながら仕上がりを考えたかったそうです、私もそれに答えて、お施主様の要望を聞いて施工中でも可能な限り小変更を繰り返して、お施主様の望む結果に反映できるように努力しました。もちろん、お施主様の要望をただ真に受けるだけでなく、プロとして、こちらからも提案を出して話し合うように努めました。

アルビノクオーツ、ブラジルの石の乱張りです。

アルビノクオーツ、ブラジルの石の乱張りです。

あと、可能な限り、こちらの都合だけで工事を急かさないことを約束しました。(ただ、期日は設けて話し合いを進めないといつまでも完成しないことになるので、ある程度は決断を促しましたね。)

工事内容は、既存の住宅の玄関タイルを最大限生かしながら、駐車位置、水勾配、花壇の配置を配慮した設計プランを考えました。

車、二台分の駐車スペースと、一部をブロックで仕切り、平らにして、ステージ状に仕上げました(いずれ、お施主様自らの手でウッドデッキを作る予定なのだそうです)。あと、ピンコロ石で、花壇を段々に設けてあります。用土が深さ十分に入るように、30センチ掘り下げ、用土も入れ替えて腐葉土もすきこんでおきました。

全面、コンクリートの打ちっぱなしではなく、石張り(乱張り)部分とピンコロ石による花壇の縁取りを作り、見た目にも良いアクセントになるように配慮しました。石屋としても腕の見せ所ですから仕事の遣り甲斐があります!。

10センチ角のピンコロ石による花壇です

10センチ角のピンコロ石による花壇です

ブロックの縁どりも、材料のブロックの見た目が最大限引き立つように、コンクリートで埋まってしまわないように注意しました。溝のアールはお施主さまからデザインの指示があって可能な限り反映させました、大変でしたが、結果、良いアクセントになっていますね。溝の中にはグリーンとして「リュウノヒゲ」を植えました。

お施主様も私も手間はかかったのですが、お施主様は仕上がりに大満足してくださいました。

後は、お施主様が花壇に花や樹木を植えたり、ウッドデッキの計画を立てたりと、今後の楽しみを残すことが出来たと思います。こちらが一方的にエクステリア工事を進めるのではなく、時間と共にお施主様の手でお庭が育って行くところを応援するような、そんなお手伝いをしたいですね。

 

薪ストーブ台の仕上がりの姿。

CIMG3780

マットな仕上がりが大人っぽく、自然ですね!

以前、石工事をさせていただいた、「薪ストーブの置き台」

完成の写真を撮らせていただきました。

うん!、なかなかの存在感じゃありませんか。

砂岩系の伊豆石の優しい色合いも、主役の薪ストーブを引き立てていると思います。

(*ピキャンオーブンというオーストラリア製の薪ストーブです。上段が燃焼室で、下段がオーブン室、さらに天板でも直火で調理ができる!)

邸宅の完成が春でしたので、まだ数回しか火を入れていないそうですが、使い勝手もなかなか良いそうです。冬になって、本格的に使うようになったら、「私を招待して実演しようか」、と、お施主様に約束していただけたので、その日が今から楽しみです。

薪ストーブの炎を見ながら、薪ストーブで作ったピザなどのお料理をいただけたら、それは最高の贅沢ですね☆。

その時には、私が自分で焙煎した珈琲を持参して、薪ストーブパーティーに参加したいと思います!。

 

間知石の積み直しをしました。

CIMG3718

元の状態です、土地全体より石の天端が低く、一定していませんでした。

CIMG3720

仕上がりの状態です、左の写真に比べて、だいぶ高くなりました。

CIMG3721

上の屋敷部分、以前は低く傾斜していました。

2015年、最初の仕事、今年の冬は暖かいですね。

地元、伊豆の国市内のお百姓さんの多い地区で、隣地との高低差のある、家どうしの境界になっていた、間知石の石積みが崩れ始めているので直してほしいとの依頼がありました。

全長18メートル、高さは1.5メートルほどです。依頼してくれたのは上の家(高い方)の方です、写真ではわかりづらいのですが、石積みの所々が、下の家の方へと押し出されていました。昔の仕事なので基礎はなく、石の裏もコンクリート詰めされていません、そこで一旦全部解体して、基礎コンクリートをしっかり打ってから,もう一度、外した石で一から積み直しました。

完全に、元と同じように一個一個、石の配置にするのは不可能ですが、新たに隣の石どうしが必ず3点は付いてグラグラしないように積み上げていきます。そして横に一列、一段積んだら裏に生コンクリートを詰めて補強していきました。石が一個一個がとても重くて、石の配置もなかなか一度には決まらず、何度も上下をひっくり返しては加工したりの繰り返しで、大変な作業でした。

完成すると、とても安定した仕上がりになりました。さらに仕上がりを元よりも高くしたこと、まっすぐにラインが揃ったこともあって、敷地がとても広々と、使いやすくなりました!。「これなら当分、崩れる心配もないね!、こらから広々と畑が出来るよ」と、お施主様も大喜びしてくれました。そのように言っていただけて、苦労の甲斐がありました。

少し残念なのは、仕上がりが良く見えるのは、代金を払っていただいた上の家ではなくて、下の隣の家の方だということですね、そう話しながら、お施主様と笑っていました。

薪ストーブのステージを作りました。

玄関たたき

玄関たたき、石は自由サイズです。

薪ストーブ設置台

薪ストーブ設置台、若草石の古材の肌をそのままに。

以前にもご紹介した、かつて蔵に使っていたという若草石の廃材再生の仕事を、またご依頼いただきました。 今回は新築ログハウス、ヒデホームさんでの、玄関たたき、薪ストーブの設置スペースの石の設置となりました。建物はログハウスの特徴である、壁もムクの丸太そのままの仕上げのため、当然、内装すべてが木目調のナチュラルな雰囲気です、風化した古い石が、はたして新築のハウスに相応しいか心配でした。 玄関のたたきは、若草石をスライスして丁度良い石割サイズに作って取り付けました。取り付けるまでは心配だったのですが、これが若草石の艶消しの色と質感がログハウスの木目色と良くマッチしたように思います。そして薪ストーブのステージは、床面は玄関と同じくスライスした石を正方形で石割して、縁取りは灰が木の床面にこぼれないように、1センチほど高く仕上げてあります。背後の壁は、高さ90センチほどの2段式の薪ストーブ本体が、天板でも調理が出来るタイプのため、天板よりさらに30センチほど高く仕上げてみました。お施主様から要望が「面白おかしく」との依頼だったので、元の石倉の荒い肌のままに積んでみました。本当の仕上げはストーブが設置された時なので、本体とのマッチングが見たかったですね。完成後、見させてもらう約束をしたので、その時はまた投稿出来たらと思っています。苦労したけど面白い仕事でした、また仕事の機会があればと思います!。

玄関の石張りがありました。

043

玄関ポーチの石張り、白御影石

048

室内は磨き仕上げの石です

暖かくなった4月のはじめ、伊豆の国市奈古谷の個人邸宅で、玄関の石張りを地元の大工の棟梁さんからお願いされました。

久しぶりの地元の個人邸での仕事です。予算をなるべく安く仕上げたいということで、白の御影石を使うということで決まり、石のサイズはこちらのお任せとの内容だったので、300×300mmの石も、400×400mmでも材料の値段も一緒ならば、400×400サイズのほうが見栄えがすることと、立ち上がり部分の高さが400サイズのほうが都合よかったこともあり、サイズは400×400を選択しました。

平面はスリップ止め加工のバーナー仕上げ、立ち上がり部分、室内靴脱ぎ場は、磨き仕上げです。一段目の、踏み幅が300だと狭く感じたので、350mmとしました。

仕上がってみると、石の割り付けと言うのですが、石の配置によって、端や壁際に小さな切り物の石が入ることなく上手く仕上がって、400×400の石を使った選択は正解だったように思えました。

純木造住宅の豪華さとマッチングして、まるで料亭の入り口のような立派な玄関となって、お施主様にもとても喜んでもらえました。