庭石

若草石の防水工事をおこないました。

CIMG4141

防水処理、仕上がりです。

八月中旬、以前工事をさせていただいた古い若草石の再利用の土留め石でしたが、風化した石の表面が剥離して歩道側にこぼれ落ちているとのことで、対策をすることになりました。

お施主様の願いは、「歩道に剥離した石のくずが落ちて歩行者に迷惑をかけるのは世間様に申し訳ない」、ということで、最悪の場合、石を撤去してコンクリート擁壁にするという話も出ましたが、私としてもせっかく価値のある古い若草石を撤去してコンクリートでは、味気ないものになってしまう!と感じたので、なんとか対策を考えてみました。

まず、なぜ剥離したのかを考察してみたのですが、考えられることは二つ、①土の水分が石の中に入り、外側へ出るを繰り返すことにより、石の表面に剥離が起こる。②交通量の多い国道に面していることから、酸性雨によって溶ける。などと推理しました。

では、その対策としてどのようにしたかというと。「アクトビズ、AD-スーパーⅡ」という軟石用浸透性吸水防止剤を、土に接している面に塗布することにしました。私も初めて使うこの薬品の塗布で期待できる効果は、砂岩系伊豆石、大谷石やコンクリートなど、中に薬剤が浸透して吸水率を十分の一まで低下させるそうです。よって、これ以上の剥離も緩やかになることを期待しました。

以下、メーカーのカタログの一部引用です。

アドバンスのAD-スーパー・AD-スーパーIIは
吸水率が非常に高い大谷石にAD-COATを塗布し、
吸水率を低下させる事で石自体の強度が低下を軽減できるか否かの
確認試験を行っています。

公的機関にてJIS A 5003による吸水率測定試験
ADースーパー・ADスーパーIIを塗布した大谷石は、どちらも
無塗布の大谷石と比べると吸水率が10分の1以下に減少しました。

さらに吸水率を大幅に低下させ、強度も維持できている事から
吸水防止処理を行う事は石自体の保護に十分有用であると判断できる結果となりました

以上 とありました。

実際の工事は、裏に入っている土を掘り出して石の裏面を露出させて一週間ほど乾燥させて、それからAD-スーパーⅡを防水塗布、また完全乾燥まで一週間放置して、それから土を戻して終了となりました。

梅雨が完全に明けるのを待って防水工事を行いました。実際の工事は2日程度なのですが、乾燥時間など含めると2週間ほどの長期工程となりました。

余った防水材を表面にも塗布してみたのですが、塗布表面に気になるような艶などの変化が出ないので良い感じです、むしろ少々のウエット感があって、石が一番綺麗に見える色合いを良い感じにキープしているようです。

CIMG3874

水をみごと、弾いてくれています。

CIMG3876

4リットル缶、10㎡塗布出来ました。物は2万円です。

当初の目的を果たせたか、結果はこれから出るので、今後、石の変化の様子を観察していきたいと思います。

 

 

 

間知石の積み直しをしました。

CIMG3718

元の状態です、土地全体より石の天端が低く、一定していませんでした。

CIMG3720

仕上がりの状態です、左の写真に比べて、だいぶ高くなりました。

CIMG3721

上の屋敷部分、以前は低く傾斜していました。

2015年、最初の仕事、今年の冬は暖かいですね。

地元、伊豆の国市内のお百姓さんの多い地区で、隣地との高低差のある、家どうしの境界になっていた、間知石の石積みが崩れ始めているので直してほしいとの依頼がありました。

全長18メートル、高さは1.5メートルほどです。依頼してくれたのは上の家(高い方)の方です、写真ではわかりづらいのですが、石積みの所々が、下の家の方へと押し出されていました。昔の仕事なので基礎はなく、石の裏もコンクリート詰めされていません、そこで一旦全部解体して、基礎コンクリートをしっかり打ってから,もう一度、外した石で一から積み直しました。

完全に、元と同じように一個一個、石の配置にするのは不可能ですが、新たに隣の石どうしが必ず3点は付いてグラグラしないように積み上げていきます。そして横に一列、一段積んだら裏に生コンクリートを詰めて補強していきました。石が一個一個がとても重くて、石の配置もなかなか一度には決まらず、何度も上下をひっくり返しては加工したりの繰り返しで、大変な作業でした。

完成すると、とても安定した仕上がりになりました。さらに仕上がりを元よりも高くしたこと、まっすぐにラインが揃ったこともあって、敷地がとても広々と、使いやすくなりました!。「これなら当分、崩れる心配もないね!、こらから広々と畑が出来るよ」と、お施主様も大喜びしてくれました。そのように言っていただけて、苦労の甲斐がありました。

少し残念なのは、仕上がりが良く見えるのは、代金を払っていただいた上の家ではなくて、下の隣の家の方だということですね、そう話しながら、お施主様と笑っていました。

灯篭のすえ直しがありました。

035

みごとな破壊っぷりですね・・。

036

無事に直りました、復活です!。

伊豆の国市四日町にて、ご近所の、お庭の植え込みの中にあった小さな灯篭。

たぶん元気なお子様たちが遊んでいて蹴っ飛ばしたため破損したようです。お施主様からは、「もう処分してもいいです」とも言われましたがたが、国産品なので勿体ないと思い、それにサイズも、また子供が蹴飛ばしても危険ではないので直してみました。

やっぱりどこか気品があって良い感じ!、直してみて灯篭の良さを見直しました。

なんちゃって石組み。

石組み お互いの石で支え合います☆石組み お片づけと一石二鳥ですね。
日ごろお世話になっている石屋さんの展示場の植え込みスペースに、小石で花壇の石組みをおこなってみました。ここで記す石組みとは、山がちな地域などでよく見られる、段々畑の石垣のようなものと思ってください。本来なら一抱えもある石で丈夫に組み上げて、斜面の土留めとして組み上げて、平らな土地を増やしたりしていく昔ながらの石組み作業になります。

花など植物を植えるために土を掘るたびに、こぶし大程度の小石がゴロゴロ出てだいぶ集まっていたので、本式な石組み作法で組んでみたら面白いものができました。ただ小石なので強度的は弱いのですが、もとは砂利部分と土の出てる境界が曖昧で植えられる部分が少なかったので、境がはっきりしたことで植え込みとして広く使いやすく思いのほかいい感じです。

セメントで固定していないことで石の隙間に昆虫などの小さな生き物も住み着く環境ができるそうで、大げさですが生態系が豊かになる効果も期待できるのです。たぶんカエルやイモリ、ダンゴムシなどがご機嫌で入りこんで冬眠してると思いますよ。小石といえども、まじめくさって積んでみるのも技術向上につながる上機嫌な遊びになりました。