駐車スペース

駐車場のコンクリート打ちがありました。

新年あけまして、おめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

昨年の最後の関口石材工業としての仕事は、三島市内、新築の個人邸の、駐車場及び花壇の工事の依頼でした。

玄関前に縦方向に一台、右側道路と並行に一台分の駐車スペースです。

玄関前に縦方向に一台、右側道路と並行に一台分の駐車スペースです。

お施主様の悩み、心配として、住宅メーカーのいいなりで外構工事をすると、建物の完成を見ないうちから、図面だけで工事の許可を出さなくてはいけないので、結果、完成イメージを考える時間を与えてもらえず工事が進み、満足した仕上がり結果が得られないことを不満に感じたそうです。ですので、住宅完成、引き渡し後に知り合いである私に工事の依頼をしてくださったのです。

そのことから関口石材工業としてできることを考えると・・、

お施主様は、ゆっくりと工事の様子を見ながら仕上がりを考えたかったそうです、私もそれに答えて、お施主様の要望を聞いて施工中でも可能な限り小変更を繰り返して、お施主様の望む結果に反映できるように努力しました。もちろん、お施主様の要望をただ真に受けるだけでなく、プロとして、こちらからも提案を出して話し合うように努めました。

アルビノクオーツ、ブラジルの石の乱張りです。

アルビノクオーツ、ブラジルの石の乱張りです。

あと、可能な限り、こちらの都合だけで工事を急かさないことを約束しました。(ただ、期日は設けて話し合いを進めないといつまでも完成しないことになるので、ある程度は決断を促しましたね。)

工事内容は、既存の住宅の玄関タイルを最大限生かしながら、駐車位置、水勾配、花壇の配置を配慮した設計プランを考えました。

車、二台分の駐車スペースと、一部をブロックで仕切り、平らにして、ステージ状に仕上げました(いずれ、お施主様自らの手でウッドデッキを作る予定なのだそうです)。あと、ピンコロ石で、花壇を段々に設けてあります。用土が深さ十分に入るように、30センチ掘り下げ、用土も入れ替えて腐葉土もすきこんでおきました。

全面、コンクリートの打ちっぱなしではなく、石張り(乱張り)部分とピンコロ石による花壇の縁取りを作り、見た目にも良いアクセントになるように配慮しました。石屋としても腕の見せ所ですから仕事の遣り甲斐があります!。

10センチ角のピンコロ石による花壇です

10センチ角のピンコロ石による花壇です

ブロックの縁どりも、材料のブロックの見た目が最大限引き立つように、コンクリートで埋まってしまわないように注意しました。溝のアールはお施主さまからデザインの指示があって可能な限り反映させました、大変でしたが、結果、良いアクセントになっていますね。溝の中にはグリーンとして「リュウノヒゲ」を植えました。

お施主様も私も手間はかかったのですが、お施主様は仕上がりに大満足してくださいました。

後は、お施主様が花壇に花や樹木を植えたり、ウッドデッキの計画を立てたりと、今後の楽しみを残すことが出来たと思います。こちらが一方的にエクステリア工事を進めるのではなく、時間と共にお施主様の手でお庭が育って行くところを応援するような、そんなお手伝いをしたいですね。

 

お花の整理、片付け。

007

本来の駐車スペースにしたい!。

毎度好評のプランターの残土処分ですが。

今回は、沼津市内の住宅街で、プランターの残土処分、拡大版といった、依頼です。

長らく一人暮らしをされていた,おばあ様の、長年楽しんできた大量の草花コレクションでしたが、高齢のため管理しきれなくなったため、今後のことを家族の方が心配されて、思い切った整理をしたい!と、依頼をされました。

使い古した残土、土の入ったままの積みプランターなどが、駐車スペース、二階ベランダ部分あわせて、かなりの量がありましたが、「一部の気に入ったものだけを、管理できるだけの量を残して」、思い切った処分をするこを決断していただきました。

本来の生活スペースを取り戻すことができて、これから同居される家族の方との、新たな生活を気持ちよくスタートできそうだと、本当に、たいへん感謝されました。

「愛着のあった、生きている植物を処分では忍びない」というのが、お施主様の願でした。さすがに量が多く、自分の所も限られたキャパシティーしかないので、すべての植物は無理ですが、可能なかぎり、なるべくは生かす方向で、活用するように努力したいですね。植物の名前や性質を調べたり、これからが楽しい仕事です。