P1000283.JPG

娘の通う保育園は浄土真宗のお寺です。そのお寺で3月11日「報恩講」といいまして、お坊さんのお話し会(で、いいのかな?)があり、娘と参加して来ました。
今回はもちろん、東日本大震災の発生時刻、午後2時46分に合わせて合掌(読経)、その後、被災地のお話しとなりました。
自分としては、東日本大震災が起きてから、東北のためになにも出来なかった自分の力なさをずっと悔やんでいたので、今回の合掌に参加したことで、少し自分の気持ちが救われた気持ちがしました。
もちろんそれでは被害に遭われた被災地の方々には申し訳ないことです、
それでも「その日」起こったことを人々がいつまでも忘れずに、1日1日を大切に生きて下さい。
という、被災し親友をも失った被災地の方からのメッセージを聞いた時、涙が流れ、娘の手を強く握りしめました。
1日でも早い、東北の復興、そして、被災された方々の心が救わることを願います。