読書の趣味自分は読書が好きで、主に自然学や自己啓発の本をよく読むのですが、市の図書館で良い本を見つけました、今日は、「100%オーガニックフードを自分で育てる・寺尾朱織/カナリア書房」を紹介をします。

ジョンムーア氏という、かなり多彩なガーデニング研究家さんの指南書で、前半はよくある普通のテクニックテキストだと思って読み始めると、かなり変わった内容で興味深いです。「タマゴのパックはグリーンポットに。ペットボトルは大根のプランターに。」今まで読んだ中でベストと言えます。そして中〜後半は全く違う、「オーガニック」という生き方哲学。これがまた刺激的内容です。

「自分にとって必要だから、自分の家族のためにも役立つから。この思いが、あなたと植物の間にできた絆です。」「そのキズナ、大切にしてください。枯らす人、よく言います。土が悪い、場所が悪い、太陽が当たらない…。いいえ。それは自分の問題です」
読みながら関心してノートに書き写すことがとても多いです。

「無農薬」ばかりが取り沙汰にされ、いままでのテキストが人間の都合ばかりをうたっているのに対し、この本では植物の気持ちになって、よくまわりの環境から観察することで、ほんとうの育て方がわかってくるといいます。あらためて「オーガニックって何?」、農業、食に対して考えなおす良書だと思いました。自称ガーデニングマニアでしたら、ぜひ一読することをオススメします。