昨年度の清掃オリコミからのお客様の中で、一年を通して定期的お墓の清掃をお願いされるようなりました、おかげさまで回を追うごとに、我々の清掃の技術も上達してきました。

定期的清掃を実際に行うことで分かった、定期的清掃の良さを伝えようと思います。

まずは、お墓に行く必要って年に何回あるのか?、だいたい春のお彼岸、秋のお彼岸、夏のお盆と 冬の年末、そして命日などの法要などがあると、多くて年に4回~5回といわれます、なかなか大変ですね。

一年を通して、直接風雨にさらされ、お墓の隙間に落ち葉が溜まったり、雑草が生えたり、お供えしたお花が枯れて残っていたりと、過酷な状況に置かれているんですね、ですので一回の清掃が重労働になることもあります。

定期清掃のメリット

1 石塔の水垢の汚れなどは、回を追うごとにきれいになっていきます。

石塔の石の清掃は一番気を使います。黒の石塔は、酸性の薬品を使うと色が薄くなるなどのトラブルも報告されています、薄皮をとるように水垢を落としていったほうが石へのダメージも少なく良いようです、そのためには清掃の回数を重ねることも必要になってきますね。

2 他のお墓よりも、確実にきれいな状態を維持していられる。

外柵の石も予想以上に水垢など簡単に落とせない汚れがついているものです、とくに建立からの年数が10年以上たっているものなど、洗車されていない車のように、黒く汚れているものです。年間3回~4回、半日ぐらいの時間をかけた清掃を行っていると、隅々まで清掃が行き届いてきれいなお墓に見えます。

3 一回の清掃作業が軽くなる。

雑草が大きく伸びる時期が、年に2回(梅雨後の7月頃、涼しくなり始めの9月頃)あるので、タイミングを見計らって草取りにいくことで、大きく育つ前に刈ることとなりなす、さらに根に栄養を蓄える前に刈ることができれば雑草の生命力もしだいに弱くなっていきます。

まとめ

暑い時、寒い時に、長い時間をかけてお墓の清掃を行うのは、体にとても負担を強いられます、お墓の扱いに慣れないこともあり、不完全な思いでお墓を後にすることもあると思います。

そこで、汚れ具合の気になった時や、どうしてもお墓に行けない時、年に何度かは、お墓清掃のプロに代行してもらうのも一つの解決法だと思います。

事前に清掃を終えているので、お施主様がお墓に訪れた時には花とお線香をあげるだけで済むので、忙しい時にも安心です、お墓に来た時に、すでに花筒の中や高炉皿が綺麗になっているのはありがたいですね。

お墓の清掃代行も行っています、お気軽にご相談ください。